逆流性食道炎の治療と病院について

 

 

逆流性食道炎の治療で病院に通院しても、改善しないという人が多くいるようです。

 

実際、私は病院で治療をしていましたが、
治療といっても、薬を処方されるだけでした。

 

一応簡単に食事についての注意点はありましたが、
具体的に料理について教えてくれるわけではなく、
揚げ物ダメ、炭酸はダメ、など大雑把なアドバイスのみです。

 

症状が軽度のうちは、薬を飲むだけでも十分な効果を感じました。

 

しかし、症状が重くなってくると
薬だけでは思うような効果を感じず、
辛い思いをしていたのを覚えています。

 

そして、とにかく何でも良いので
良くなる方法がないかと思い色々と調べていました。

 

そうすると、姿勢について重要だという事を知り、
セルフケアと薬によって少しずつ改善したのです。

 

また、食事も気を使うようになりました。

 

数ヶ月すると、朝の胸焼けや食事中の胸の痛みなどはなくなり、
1年以上経っても、再発することなく生活が出来ています。

 

私の実体験とネットの口コミなどで悩んでいる人とは同じだったので
病院だけで逆流性食道炎を何とかしようというのは厳しいように思います。

 

ただ、症状が軽度の人であれば、病院の治療だけでも十分に改善します。

 

食事の改善と薬による治療をしっかりとすれば大抵は改善するのではないでしょうか。

 

 

逆流性食道炎の治療薬って!?

 

逆流性食道炎の主な治療方法は薬による治療が多いです。

 

ただ、逆流性食道炎になると基本的に完治することはありませんから、
食生活など悪化する要因を取り除くことが出来ない場合は、
薬を飲み続けることが必要となります。

 

そうなってくると、肝臓に負担がないのか、逆に体を悪くしないのかなど、
不安になることもあるのではないでしょうか。

 

実際、私も薬を飲み続ける必要があると言われた時は不安になりました。

 

おそらくこのサイトにたどり着いたあなたも同じような不安があると思うので、
逆流性食道炎の薬というのは一体どういったものなのか解説しましょう。

 

逆流性食道炎は胃酸が食道に逆流して、食道に炎症を起こす病気です。

 

ですから、胃酸を抑える効果のある治療薬が処方されます。

 

要するに

 

「ペットボトルの水も少なければ横に倒してもこぼれないよね?」

 

だから

 

「胃酸も減らせば食道に逆流する事もないでしょう。」

 

という話です。

 

 

そんな胃酸を抑える効果が高いと言われているのが、「プロトンポンプ阻害薬」です。
その他の薬は「H2ブロッカー」などもよく使われるようです。

 

胸焼けや消化不良が多い場合などは、アルギン酸ナトリウム、
炭酸水素ナトリウム、炭酸カルシウムが使用されます。

 

「プロトンポンプ阻害薬」とは簡単に言うと胃酸を出さなくする薬です。

 

ですから、胃酸が多くなりがちな重度な逆流性食道炎には効果的な薬だといわれています。

 

副作用はないと言われていて、10年以上飲んでいても問題ないとされています。

 

しかし、一部のドクター達は癌になりやすくなると言っているようなのでちょっと怖いですよね。

 

 

「H2ブロッカー」も同じように胃酸を出さなくする治療薬です。

 

飲み続けることで肝臓の機能に問題を起こす可能性もあるようですが、
基本的には問題ないと言われています。

 

(問題ないと言えるのか微妙ですが、研究者ではないので何とも・・・)

 

 

ただ、どちらの薬も胃酸を出さなくする治療薬なので、胃酸のpHが高くなってしまうようです。

 

でもこれって本当に問題ないんでしょうか?

 

私は健康な体とは違った環境になるわけですから、薬を飲み続けることで健康を害する可能性はあるのではないかと思ってしまいます。

 

とはいえ、治療薬をやめてしまえば、より悪化する可能性もあるのでやめるわけにもいきません。

 

このことから考えても逆流性食道炎を改善したいのであれば、
セルフケアで日ごろから体への負担をかけないようにすることが大切なのかなと思います。