女の人

葬儀にかかる費用|事前に平均相場と内訳を知る

位牌の購入時期と相場価格

お仏壇

故人の魂の依代とされている位牌ですが、どういったタイミングで用意すると最適なのか事前に知っておくことで適切な供養を行うことができるでしょう。位牌にも様々なもの種類があり、それによって値段が変わってきます。

もっと読む

信頼できる遺品整理業者

4つのダンボール

福岡県で悪質な遺品整理業者に引っかからないために、より良い遺品業者の見極め方を知りましょう。良い遺品業者には様々な注目点があり、そういった点を確認することでトラブルや後悔はなくなります。

もっと読む

葬儀費用を事前に把握

お葬式

何気なく毎日を過ごしているうちに突然、遠方に住んでいるご家族がご不幸にあわれ急遽、葬儀を行なわなければならなくなるということは有り得ないことではありません。もちろん、葬儀をとり行う際には費用がかかります。もしも、事前に必要な費用の額などを把握していなかった場合、お金がなくて焦ってしまうといったことが起こるでしょう。葬儀にかかる費用というのはその規模や参列者の数などによって大幅に値段が変わってきます。とり行なうであろう葬儀を前もって想定し、必要な費用を考えておく必要があるのです。
10名ほどの規模の家族葬を行う際には約94万円の費用が必要になってくるといわれています。その費用の内訳として、家族葬の基本費用が約38万円、セレモニーホールなどの式場の利用料が約16万円、霊柩車などの車両レンタル費が8万円、棺や遺影写真などには約19万円、返戻費用や通夜にふるまう飲食、火葬場費用などを合わせると約17万円になり、その合計が約94万円となっています。これが50名規模の一般層となると約149万円、200名規模となると約237万円の費用が相場となっており、高額のものとなっています。地域によって相場は大きく変わりますのでお住まいの地域の葬儀会社などに事前に確認してみるとよいでしょう。料金を支払うタイミングや融通の良さに関しても会社によって変わってくるので、融通の利く会社に依頼すると困ることはないかと思います。故人の希望にあった葬儀をとり行なえるよう、しっかりとした計画をたてておくことも大切です。

費用相場と業者選択

箱

大阪にも数多くの遺品整理業者がありますが、中には特に理由もなく相場以上の高額な費用を請求してくる業者もあるのが現状です。そういった業者に引っかからないためにも費用相場を事前に把握し、悪質な業者を見極める術を身につけましょう。

もっと読む